2005年10月05日

バリでのハネムーン

結婚式の翌々日、大阪でトランジットのため1泊してバリ島へ。
気候はいいし、英語は通じるし、人は優しいし、物価は安いし、私はとにかくバリがすっかり気に入ってしまった。うちの彼もしかり。

スミニャックのDyana Villasというヴィラに5泊した。
場所も便利で、思ったよりもずーっと良かった。
大きなプライベートプールが魅力だし、専属メイドがいて、朝食を準備してくれたり、洗い物も洗濯も掃除も何でもしてくれる。
それなのに、他のヴィラと比べても格安!お勧め!

26.jpg

バリでの6日間は、ケチャックダンスを見たり、シュノーケリングをしたり、ラフティングをしたり。
観光もして、買い物もして、美味しい食事も食べて、毎日ヴィラでマッサージをしてもらって・・・まさしくハネムーンだった。
現地にいる友達とその赤ちゃん(ロビナちゃん、ビーチの名前を取ったのだそう)にも会えたし、とっても楽しかった。

31.jpg

だけど、帰国する前の日の夜にテロ事件があった。
私達が4日前に食事をした、ジンバランのビーチ沿いのシーフードレストランも標的になっていた。
日にちがずれていたらと思うと、背筋が寒くなった。
運命とかって本当に存在するんだろうか、と不思議に思う。
日本人でお亡くなりになった方もハネムーン中だったと聞き、人事とは思えず本当に悲しくなった。
テレビには怪我をした人、なくなった方をシーツにくるんで運び出す様子などが映し出されていた。本当に憤りを感じた。
バリは観光で生きている島だ。
テロの後は、どこに行っても、テロの話で持ちきりだったけど、みんな一様に観光客が減ってしまうことを心配していた。
3年前のサリクラブの事件からようやく立ち直って来たところだったのに。
一部の心無い人のために、沢山の人が亡くなり、みんなの生活に大きな影響を与える。

正直、韓国には戻ってきたくなかったけど、帰りの空港も飛行機も緊張に包まれていて、無事に戻ってこれてホッとしたのも事実。

最終日は緊張のうちに帰国になったわけだけど、本当に楽しいハネムーンだった。
おかげで、現実に戻るのに時間がかかってる・・・今。
posted by チュム at 21:59| ソウル | Comment(4) | TrackBack(0) | サルサにまつわる恋話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もチュムさんのブログを読んで、事態の深刻さにいまさらながら、、、恐怖。バリは夫をぜひ連れていきたいところの一つなんだけど、インドネシアって一番イスラム教徒が多いところ&観光地なため、狙われても仕方ないみたいなことを彼が言っていて、、、なかなか合意してくれない。

実際事件が起きたところにチュムさん達がいたなんて・・・よかった無事で。本当によかった。ほっとしてます。

でも、ヴィラ素敵!行く気になったら、ぜひ情報教えて下さい♪ところで、サルサは踊りにいきました?笑
Posted by ASUKA at 2005年10月06日 02:36
チュムさんがハネムーンを楽しめて、そして無事でよかった〜。
私も今年の夏休みはバリにいたから、時期がずれていたらと思うと怖い・・・
バリ島自体は、90%くらいがヒンズー教ですよね。そして外国人観光客の多いバリを狙うっていうのが、悲しくなってしまいます。。。バリの人はみんなとってもいい人たちだったし、島自体が神秘的で大好きになってしまったので、早く落ち着いて欲しいです。

ところで、私も気になります。サルサはどうでした?
Posted by mallunena at 2005年10月06日 11:25
☆ASUKAさんへ☆

サルサは残念ながら・・・ありませんでした。(私はホッとしましたが・・・。ぷぷ。)

バリは基本的には平和的な場所なんですけどね。
元々は90%以上が、おとなしいヒンズー教の人だそうです。
ただ、インドネシアの他の島から出稼ぎに来る人が多いですから、色々な人たちが混じってるんですよね。(ジャワとかはイスラム教ですからね。)
その中に心無い人たちがいて・・・っていうのが原因みたいです。
外見は同じだから、テロも起こしやすいんでしょうね、本当に残念なことです。
他民族・他宗教国家としては、難しいところなんだろうなって思います。
ご主人と一緒に安心して旅行できるようなバリに戻ってくれるといいですよね。
私も、また行きたいので、切にそう願ってます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−

☆mallunenaさんへ☆

はいー、サルサは残念ながら・・・(笑)でした。

mallunenaさんも、バリが大好きになった一人なんですね。私もです。うちの彼も!
元々は平和な島なんですけどね、ヒンズーのバリニーズ達もね。
だから、余計に彼らが気の毒でなりません。
観光客がいなくなったら、仕事を失ったり、給料が減ったりってことが起こるでしょうしから。
インドネシアは危険でも、バリはちょっと別格っていう気持ちがどこかにあったのだけど、軽く考えられなくなってしまいました、やっぱり身近でこういうことがあると。
またバリには行きたいので、本当に早く落ち着いて欲しいですね。
mallunenaさんが、ウブドから一歩も出なかった!っておっしゃっていた理由がよく分かりましたよー。
私も次はウブドにも泊まりたいなって思いました。
Posted by チュム at 2005年10月06日 15:38
ぜひぜひ、次回はウブドに行ってみて下さい!
キンタマニも素敵なところでしたよ^^
(ウブド周辺には行ってるのです!)
ウブドの人たちに言わせると、海なんてどこにでもある、リアルなバリを感じるためには高原や村や棚田を見て欲しい、って言ってましたよ。
私も落ち着いたらまた行きたいなぁ。
Posted by mallunena at 2005年10月07日 16:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。